NAVFAC Far East
NAVFAC Pacific Names Sailor of the Year
根岸住宅地区返還に伴う横須賀施設管理部従業員の配置転換始まる
Public Works Department Yokosuka Employees Re-assigned as Negishi Closes
High School Students Learn STEM Career Skills with NAVFAC Far East
Far East Seabee is 2014 NAVFAC Shore Sailor of the Year
PWD Sasebo Employees Recognized During National Engineers Week
FEAD Camp Butler Employees Recognized During National Engineers Week
Navy Region Japan Installations Honored for Energy Efficiency
CNO Environmental Awards Go to Public Works Department Atsugi
Yokosuka Self-Help Seabees Mentor Local Boy Scouts
Seabees Move Vaults, Personnel to Ensure Mission Readiness at Fleet Activities Sasebo
NAVFAC Far East Delivers Revitalized Housing to NAF Atsugi
PWD Chinhae Celebrates National Public Works Week
PWD Diego Garcia Celebrates National Public Works Week
PWD Yokosuka Celebrates National Public Works Week
PWD Atsugi Celebrates National Public Works Week
PWD Okinawa Celebrates National Public Works Week
PWD Sasebo Celebrates National Public Works Week
FEAD Iwakuni to Repair Northside Mess Hall
NAVFAC Completes Camp Hansen Sewage Treatment Plant Upgrades
Seabees Complete Energy-saving Negishi Project
Captain Bartoe Assumes Command at NAVFAC Far East
NAVFAC Far East Completes Futenma Air Traffic Control Tower Upgrades
PWD Yokosuka Recognizes NMCB Five Efforts
NAVFAC Far East Awards Caissons Repair Contract
NAVFAC Far East to Renovate Housing at MCAS Iwakuni, Japan
NAVFAC Far East to Improve Security Office at FLEACT Sasebo, Japan
Three From Yokosuka Selected as NAVFAC Far East Engineer of the Year
NAVFAC Far East Completes Quality of Life Projects for Okinawa Working Dogs and Marines
NAVFAC Far East Sailor of the Year Selected from PWD Chinhae
Blue Jacket Sailor of the Year Selected from PWD Okinawa
Junior Sailor of the Year Selected from PWD Diego Garcia
NAVFAC Continues Support for III MEF Division in Okinawa
NAVFAC Far East to Improve Living Quarters at Camp Foster

根岸住宅地区返還に伴う横須賀施設管理部従業員の配置転換始まる

02/01/15 12:00 AM

negishi-preps-close

2015年2月1日、根岸住宅地区勤務従業員の横須賀地区への配置転換が始まりました。

現在、根岸住宅地区居住者の転出が完了次第、一定期間を経て最終的に日本政府へ返還となります。

横須賀施設管理部長オフィサーのエドワード・ミラー中佐は「根岸住宅地区の移行は居住者とそこで働く従業員に大きな衝撃を与える一大イベントです。パブリックワークスの従業員が根岸のファミリーに長年にわたりサービスを提供してきた事に対し、本当に感謝しています。彼らが横須賀で根岸にいた時と変わらずサービスを継続してくれることを楽しみにしています」とコメントしています。

2月1日付けで従業員の約2割が横須賀へ配置異動となります。長年にわたり、根岸住宅地区に勤務された方に話を聞きました。

メンテナンス・大黒 康弘さん(勤続27年):

根岸はアメリカ式住宅の広がる穏やかで富士山を一望できる場所でした。

以前は根岸住宅地区だけではなく、山王ホテル、キャンプ富士、鶴見、(現在は返還された)小柴給油所のメンテナンス業務を行っていました。

ユティリティ・フォアマンA・濱次男さん(勤続25年): 

基地で働きはじめてからずっと根岸に勤めているのでとてもこの土地には愛着があります。富士山を初めとして四季折々の移り変わりを楽しむことが出来る場所でした。根岸を離れるのは寂しいです。

ユティリティ・北原章詞さん(勤続22年):

根岸専属で横須賀基地と温度差のない仕事を心がけてきました。これまでに記憶に残っている事は?といえば、1995年地下にあった燃料タンクのオイルスイッチが爆発したことです。消火活動を消防隊と協働で行い、当時の司令官から表彰されたこと、新聞でも大きく報道された2000年に起きた地盤の緩みが原因で起きた大規模ながけ崩れ、(横須賀基地にはない)木の電柱に止まっていたカラスのが電死したことです。

太田 友子さん(勤続20年):

根岸住宅地区は横須賀に比べるととても規模の小さい施設です。そのぶん、根岸で働く従業員同士の繋がり・絆は部隊の枠を超えてとても強くて深いものでした。

「根岸住宅地区の返還遅延は根岸の従業員にとって転換期になります。多くの従業員は横浜在住で根岸でずっと働いてきました」と語るのはプロダクションオフィサーの アーシー・ドブレ少佐です。「私達パブリック・ワークスは居住者のサポートに注力してきました。次の優先事項は根岸住宅地区従業員に対して必要以上の負担を課さずに横須賀地区へスムーズな配置転換を保障することです。」

広さ約429,000平方メートルの根岸住宅地区は1947年より接収され385世帯と公共施設を有していました。現在居住の50世帯未満が2015年度末には移動を完了することになっています。また移行の一環で新しいハウジングユニットが池子住宅地区に建設される予定です。

「根岸住宅地区返還の区切りにおいてこの施設が誇る歴史を回想し、根岸が軍属と従業員に貢献したことを知ることができるでしょう」(エドワード・ミラー中佐談)

 

SHARE THIS PAGE

1322 Patterson Ave. SE, Suite 1000, Washington Navy Yard, D.C. 20374-5065

  • Please read this Privacy Policy
  • GILS NUMBER DOD-USN-000702
Connect with Us