NAVFAC Far East

NAVFAC Far East Shows the Power of Public Works Each Day (Japanese translation)

05/23/18 12:00 AM

18NPWW_FB_1200x630

Naval Facilities Engineering Command (NAVFAC) ファーイーストは520-26日の期間をパブリックワークスウィークとして祝います。今年のテーマは「パブリックワークスの力」です。

 

「私たちの海軍施設では日々パブリックワークス部門の職員が艦隊、家族、兵士を支援するため活動しています」とNAVFACファーイースト司令官のマイク・ケニー大佐は言います。「パブリックワークス職員は飲料水を供給し、電灯を灯し、トイレの水が流れることに力を尽くします。道路が安全で交通網が保たれるのも同様です」。

NAVFACファーイーストと一般的な自治体との違いは第七艦隊と海兵隊第三遠征軍の任務達成を可能にするためのサービス提供、というコミットメントにあります。
  

「私たちにはここで兵士を支援するという使命があります」と 米海軍横須賀基地のパブリックワークス・オフィサー、ジェーソン・ウッド中佐は言います。「私たちには艦隊にサービスを提供し、同盟[米国とインド太平洋地域のパートナー間の同盟]の支援を行う能力があります。私たちの責任は以前にも増して大きく、私たちの活動は世界的な安全保障と太平洋艦隊の防衛にとって不可欠です。太平洋の管轄地域は今、注目が集まっており、私たちもそれを深刻に受け止めています」。

 

パブリックワークス部門は軍事施設とその傘下の部隊にサービスを提供するプラットフォームです。何千もの施設や公益事業システムの中の何万という細部に渡る保守を行います。軍事施設の指揮官は現存の建物や道路の保守、電気水道供給や衛生処理サービス、新規インフラ建設の監督、今後の要件計画、年度縛りの事業の位置づけ作業、また環境に関する法令遵守についてパブリックワークスの実行力に信頼を寄せています。 

ナショナルパブリックワークスウィークは米国パブリックワークス協会が活動促進を行っており、北米全域でのパブリックワークス事業の意義や必要性について一般市民の啓発を図ることを目標としています。 

お近くのパブリックワークス部門に連絡を希望される場合はこちらのサイトで連絡先を確認ください。     https://navfac.navy.mil/navfac_worldwide/pacific/fecs/far_east/contact_us.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SHARE THIS PAGE

1322 Patterson Ave. SE, Suite 1000, Washington Navy Yard, D.C. 20374-5065

  • Please read this Privacy Policy
  • GILS NUMBER DOD-USN-000702
Connect with Us